自営業住宅ローン審査の返済能力とは?

能力
自営業であるかに関わらず、住宅ローンを一般の金融機関で利用する場合、必ず返済能力が審査における大きなウエイトを占めてきます。

 

返済能力とは「返せるだけの収支的な証拠を提示できるのか?」という事を意味しています。

 

上記の特性から、安定性が一番重要になってきます。

 

自営業の場合は、多かれ少なかれ、収支が変動するという特徴を持っています。公務員の方や、会社員の方の場合は、増える事があっても減るという事はなかなかありません。

 

勤続年数が長い人ほど、この傾向は顕著に現れてきます。

 

これに対して自営業の方の場合は、「今後も安定した収入がある」という保証を提示する事ができません。

 

そのため住宅ローン審査においては「希望融資額」に対して「過去どれだけの信用実績」を積み上げているのかが重要視されています。

 

実際に公務員や会社員の方の場合ですと、過去1年分の収支報告書を提出するだけで問題ありません。自営業の方の場合だと「過去3年分の課税証明書」を提出する必要があります。

 

「今後のこと」よりも、過去どれだけ安定した自営ができているのか。ここを吟味される事になるのです。

 

ちなみに公務員の方よりも、はるかに大きな年収を得ている自営業の方の場合。

 

この場合は「希望する住宅ローン金額」に応じて、上記と同様の理由で審査が行われる事になります。希望する金額が年収よりも小枠になる場合は、当然審査の難易度も低下してきます。

 

このような特性を持っているため、一般的な住宅ローン金額を希望する場合は、頭金をより多く用意するという対策が有効になってきます。

自営業でも審査に通る住宅ローンランキング!