自営業の住宅ローンで事務所を兼用する場合は?

事務所や店舗と兼用する住宅の審査は?

事務所

自営業の方の中には、「自宅と事務所を一緒にしたい」と考えている方も多いはずです。

 

事務所、もしくは店舗の場合。

 

新規に開業するにしても、この割合が分からないまま起業してしまい、結果的に住宅ローンが利用できなくなってしまったというケースも実際にあります。

 

そこで今回はこの点に関して、詳しく解説しておきたいと思います。

 

まず、自営業で住宅を兼用として利用する場合、床面積の2分の1以上で住宅ローンが利用できるという事を覚えておきましょう。

 

これは実際に銀行の方が調査に来て、屋内の様子を見聞する事になります。

 

この部分も審査の一部として機能する事が多く、申請書の内容と大きく異なる場合には、融資そのものが難しくなってしまう事がよくあります。

 

これは事務所として活用する場合も同様で、一般的に見て「それは住宅というカテゴリーになるのでは?」と思われた時点で、住宅ローンの利用を検討していく必要があります。

 

実務的には立派なお仕事内容であっても、普段の生活と共有している部分が大きすぎる場合には、住宅とみなされる事が多いのです。

 

ただ住宅ローンと開業資金の調達という区分をしっかりしていれば良いだけであって、住宅ローンそのものの融資は厳しくても、開業資金の融資は受けやすいという場合もあります。

 

こうした状況に合わせつつ、融資を受けやすいスタイルに合わせて、仕事と住宅のプランを練っていくのも有効です。

 

あくまでも嘘、虚偽の申請だけはしてしまわないように注意しておきましょう。

自営業でも審査に通る住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約が無
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 色々お得な6つの「0円」
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • auユーザーならさらにお得に
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の金利で顧客満足度指数1位
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料も無料
  • 安定かつ継続した収入のある方
  • 申し込みから借り入れまで来店不要
  • コンビニATMの手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の金利と手数料
  • 諸費用が安く総返済額をおさえられる
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 保証料繰上げ返済手数料0円
  • 返済口座指定で事務手数料が1.08%に
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円から
矢印 申し込み


サムネイル
  • 業歴2年・2年平均所得300万円以上
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料
  • 団体信用生命保険加入資格を有すること
  • 自営業者の所得は経費控除後の金額
矢印 申し込み