転職した場合の住宅ローン審査は?

転職
自営業の方は、昨年まで、一昨年まではサラリーマンだった。

 

途中から自営業に変更になった。

 

こういった方も少なくないかと思います。

 

結論から言って、自営業というカテゴリーに変更された時点で、現在の年収が大きく審査に影響する事になります。

 

例えばサラリーマン時代に年収が1000万円あり、貯蓄があった方の場合。この場合でも自営業という時点で、審査は厳しくなる事が予想されます。

 

ただし、この貯蓄分を頭金に回す事ができれば、申込金額と年数によって審査の是非は大きく変わってきます。

 

もちろん、重要視されるのは今後の年収見込みになりますので、頭金が1000万円。申込金額が5000万円といった規模になってくると、格段に審査結果は厳しくなると思います。

 

このように重要視されるのは「頭金による実績証明」と「今後の見通し」、「そして実際に自営業者として積み上げてきた実績」になります。

 

途中で変更された場合は、3年間の実績がほぼ必ず必要になってきますので、3年経過するまでは、住宅ローンは利用できないと想定しておいた方が賢明です。

 

ただし、頭金を大きく捻出できる場合には、利用可能です。

 

中には1年目、2年目という方もいるかもしれませんが、原則として「サラリーマン時代の実績1年分」+「自営業者としての2年分」というのは、実績として扱ってくれないのです。

 

この場合はもう1年分の実績を積み上げる必要があるという事を忘れないようにしましょう。

自営業でも審査に通る住宅ローンランキング!