起業してすぐ住宅ローン審査に通る?

起業
住宅ローンというのは、その特性上、新卒者や起業したての自営業の方に対する貸付がかなり難しくなっています。

 

どれだけ大企業に勤めたての新社会人で、年収見込みが大きくても、過去の実績がない場合は、審査の難易度を大きく底上げしてしまう原因になります。

 

一般のローン商品とは異なり、中長期的な返済が必要になるため、各金融機関側も「具体的な年収の証拠」を欲しがるのです。

 

自営業の方の場合は、起業したてという事もあり、「今からさらにお金が必要になる人」という見方をされてしまいます。

 

そのため、お店を開業した時と同クラス、もしくはそれ以上の融資申込となると、確実に厳しくなってしまいます。

 

また、規模が小さくても、住宅ローンやリフォームローンの利用そのものが厳しくなってしまうため、起業したての時は、追加融資や新規融資自体が難しいと考えておくのが無難です。

 

これから起業を予定されている方は、自宅兼お店という形で、申請できる場合がありますので、この場合は初めから頭金を多めに用意しておくといった対策方法を想定しておきましょう。

 

(融資は比較的受けやすい方法にはなりますが、見込み年収×3程度の融資しか受けられない事が多いです)

 

そうでない場合は、直近3年分の実績さえ示す事ができ、なおかつ黒字経営が維持できている場合は、その時点で融資を受けられやすくなりますので、しばらく我慢するというのも有効だと思います。

 

途中1年経営、2年経営の方の場合は、経過年数を待つのが一般的ですが、黒字枠が多い場合は、見込み年収で審査に通過できる事も実際にあります。

自営業でも審査に通る住宅ローンランキング!