自営業住宅ローン審査の金融機関ごとの対応は?

機関
各金融機関は以前まで、自営業という段階で、暗い顔をされる事が多かったのですが、最近では比較的前向きな対応を取る事が多くなってきています。

 

これが当サイトの「今だからおすすめできる」と考えている所以にもなっています。

 

各金融機関が自営業者に対してオープンになってきた理由

 

@ フラット35のおすすめがしやすい
近年では住宅金融支援機構のキャパが拡大された事で、フラット35の利用が格段にしやすくなっています。

 

特にフラット35Sの申込枠が以前よりも大きくなっているため、エコ整備を視野に入れた住宅購入、新築であれば、自営業の方でもフラット35Sという超優遇金利での住宅ローンを利用する事が可能になっています。

 

A 内需需要の拡大
円安、株価上昇という流れの中で、今、住宅関連商品は大きく注目されています。

 

こうした流れが起きると、まず大きな買い物をする人が増えるため、各金融機関窓口も稼げる時に稼いでおきたいという心理が働いています。

 

結果的に、それが審査を緩くする理由とまではいかないまでも、大きく業績をアップさせるチャンスという点に相違ありませんので、窓口対応はいつもより柔軟になっています。

 

特にAの恩恵は大きく、各金融機関は「景気がよくなると融資がしやすくなる」という特徴を持っています。

 

お金の回転がよくなるので、融資自体が不景気時よりも行いやすいのです。

 

自営業の方の場合は、赤字経営ではない限り、今後も上向きやすいという見方をされる事が多いので、比較的チャンスと言える時期でもあります。

自営業でも審査に通る住宅ローンランキング!